支援団体メッセージ

―あなたの500円が救うもの―
新型コロナウイルス対策・東アフリカ・エイド

 新型コロナウイルス対策・東アフリカ・エイドは、アメリカ・ワシントン州のNGO団体、サキーラスポンサーシッププログラム、およびニューホープ国際病院を運営母体としています。

 アフリカの教育機関、病院機関のほとんどは、私たちのような欧米を中心とするNGO団体の支援で運営されていますが、新型コロナウイルスはその支援先の国々を直撃しており、通常の支援を期待することが難しい状況です。そのため一部の都市部を除くアフリカ全域では現在、至急の対策に追われています。

 

 例えば東アフリカでは、ほとんどの場所で医師の数が足りず、通常はパートナー諸国の医療従事者に応援を頼んでいます。しかし、その医師たちが自国の対応だけで手いっぱいのため、私たちへの支援に手が回らない状況が起きつつあるのです。

 

 経済的な打撃を受けた支援国からは、通常物資もいつも通りには届きません。アフリカではまだまだ「その日暮らし」の生活をしている人たちが、人口の半数に上ります。欧米諸国のようなロックダウンが起これば、その人たちの多くは生きていくこともできなくなります。食糧確保もままならない中、衛生用品にまでは手が出ない人がほとんどです。アフリカ国内は4月5日現在、感染拡大はまだ緩やかです。しかし、今対応し、徹底的な予防を充実させなければ、様々なことが手遅れになる可能性が高くなります。

 皆さんにお願いしたいのは、500円からの応援です。500円で、アフリカの人口の約半数を占める貧困層の5人家族に、約1週間分の食糧を届けられます。また、衛生用品や、ロックダウンが仮に起こった際の対策が立てやすくなります。

 

 今の情勢では、どこの国の、どんな人も自分のことで手いっぱなのではと推測します。それでもあえてお願いしたいのです。どうかアフリカの貧しい人々のために、力を貸していただきたいのです。

 

 この募金の収益金は、東アフリカ全域の貧しい地域の家庭を救うために、役立てさせていただきます。皆様の温かなご支援を、お待ちしております。

                

                

 

2020年4月5日

 

新型コロナウイルス対策

東アフリカ・エイドチーム一同

Sakila Sponsorship Program

P.O. Box 1430, Poulsbo, WA 98370

sakila@sakilasponsorship.org

Website協力

Generativity Lab, LLC(USA)

info@agentic.global(日本語対応)

このホームページは米国IRSが認証する

501(C)3非営利団体Sakila Sponsorship

Programにより、運営されています

 

  • Facebook
  • YouTube